大野荘
オンライン予約

伊勢えび料理

伊勢えびにはトゲがあるので、ケガをしないように軍手やタオルを使って下さい。

鍋に水と塩、日本酒を少々、伊勢えびを入れます。

伊勢えびが、あばれるので落とし蓋をして12~13分おく。(あばれないのを確認して から火をつけます。)

沸騰して8分位ゆでたら、出来上がりです。(大きさによっては多少異なります。)

裏側から包丁を入れ、タテに半分にします。

背ワタをとります。

盛りつけて完成です。

沸騰して8分はすぐ食べる場合、
保存する場合は弱火でもう5分
ゆでて下さい。

醤油2、ミリン2、酒1、煮立たせます。(お好みで砂糖を入れ15分程)

タレを塗る前に3分程素焼きします。その後タレを塗って2回繰り返し焼きます。こげ目がついたら焼き上がり

火からおろしてから、かるくひと塗りするとよりおいしいです盛りつけて完成です。

マヨネーズに卵黄を入れ、よくまぜます。

身にタレを塗った後、オーブンでこげめをつければ焼き上がり!

盛りつけて完成です。

マヨネーズタレは焼くと酸味が
とぶのでワインビネガーを少し
入れるとよりおいしいです
パセリやハーブペースト
を入れてもおいしいです

氷水で伊勢えびをしめます。

頭と胴体を分けるため、境目に包丁を入れます。

胴体を回すようにして、頭から引き抜きます。

背殻と腹皮の境のふちにそって、包丁を入れます。(しっぽがまるまろうとするので注意して下さい。)

向きを変えてと同じように包丁を入れます。

腹皮を引きはがします。

スプーンを使って背殻から身をはずします。

身から背ワタを取ります。

氷水に約3分位入れます。こうすると身が引き締まります。

日本酒を少し入れるとさらに良いです。
 
伊勢えびの頭を裏側からタテに半分に割ります。

水を入れた鍋に、伊勢えびを入れます。そこに日本酒を入れ、火をつけます。

最後に火をつけて下さい

煮たってきたらアクを取り除きます。(約15分)

味噌を入れます。(旨み調味料を少し入れても良いです。)

豆腐、ネギを入れてひと煮立ちで完成です。
野菜はお好みで、大根、人参、えのき等入れても美味しいですよ。

伊勢えび弁当

いすみ鉄道とのコラボで発売している伊勢えび弁当。外房産の「伊勢えび」の鬼殻焼をメインに地元の食材にこだわった海の幸・山の幸たっぷりのお弁当です。

伊勢えび弁当

伊勢えびの鬼殻焼きは大野荘の秘伝のタレを塗りながらオーブンで焼いたものです。 外房産のカジキマグロの酒粕塩麹焼き、ひじきの煮物、いすみ産椎茸の土佐煮、さつま芋の蜜煮、菜の花のおひたしなどが入った「伊勢えび・あわびが専門の宿 大野荘」が自信を持っておすすめするお弁当です。

・春はちらし酢飯(ちりめんじゃこ、野沢菜入り)、秋は鯛めしと季節により内容も変わります。

1,600円(税込)(土日祝)

(2日前までにお電話でご予約下さい。)
7月9日(土)~9月2日(金)までは販売致しておりません。

伊勢えび弁当
Pagetop
おんじゅく 大野荘
Copyright(c) oonoso inc. All Rights Reserved.