女将の部屋

『東日本大震災』・・・驚・恐・不安・悲・喜

3月11日午後2時46分、突然の大きな地震に従業員と調理場にいた私は、「すぐに、ガスを止めて!」

と叫んで自動ドアの電源を切り、玄関のドアを開けに行きました。しばらくしてまた、大きな地震が・・・(震度5強)

幸いなことに、食器一つ割れることもなく、被害は何もありませんでした。

御宿にも「大津波警報」が発令されましたが、津波の被害はありませんでしたが、岩手の親戚(あわび問屋)が

行方不明に・・・毎日、テレビに釘付けで、夜もテレビをつけたまま寝ていました。今日の夕方、やっと本人からの

電話で生存確認ができました。本当に良かったです!

連日、常連のお客様から、たくさんのお見舞いの電話をいただいております。4日前に初めてお泊りになった

新潟のお客様からも「女将さん!大丈夫か?」・・・ 嬉しかったです。

お客様に支えられて「大野荘」があることを再認識しました。皆様、本当にありがとうございます!

地震の影響でキャンセル続出中ですが、みんなで力を合わせて頑張っていこうと思います。

2011年3月14日
Pagetop
Copyright(c) oonoso inc. All Rights Reserved.